4P(マーケティングミックス)とは|リサーチ マーケティング用語集

4P(マーケティングミックス)

4P(マーケティングミックス)とは

4P(マーケティングミックス)とは、Product(製品)、Price(価格)、Promotion(プロモーション)、Place(流通)の4つの視点から分析して戦略を立てるフレームワークのことです。4つの視点の頭文字を取って「4P」と呼ばれ、「マーケティングミックス」とも言います。

マーケティング戦略の検討プロセスは、大きく、環境分析→基本戦略策定→具体的施策の3ステップで進みます。
企業は環境分析をおこなったあと、基本戦略を定め、基本戦略に沿った具体的施策を立案・実行していきます。

4P(マーケティングミックス)は、この3ステップ目の「具体的施策」に当たります

4P(マーケティングミックス) の戦略要素

市場へ、商品・サービスを効果的に届けるために、4つの戦略要素を組み合わせて活用します。

Product 

製品戦略   

顧客にどのような製品・サービスを提供するか。
ニーズに応じた「製品コンセプト」を策定し、実際の「製品」として仕上げる。4Pの中で最も重要な構成要素。

Price 

価格戦略 

顧客にいくらで届けるか。
「顧客が購入する製品の、対価として支払う金額」を決めることが、価格戦略の基本。コスト・顧客の価値相場観・競合比較・ブランディングの観点から策定。

Place 

流通戦略 

顧客にどのような経路や手段で届けるか。
店舗、卸、通販、ネットなど 、製品と顧客を結ぶ経路(チャネル)について、最適な流通を考える。

Promotion   

プロモーション戦略

顧客にどのように製品の存在や機能・価値などを知らせるか。
広告、広報、ホームページ、SNS、キャンペーンなどでの販売促進策でニーズを作り出していく。

4P(マーケティングミックス) を上手く活用するためのポイント

マーケティング戦略の実現には、先述した4つの戦略要素の活用が欠かせません。個々の要素をバラバラに考えてしまっては整合性が取れないため、それぞれの要素を総合的に考えながら、戦略を立案する必要があります。

 例えば、ワインを販売する場合、​​​​
・​​製品は、「○年物」の高級品か、大衆向けか
価格は、1本、1万円以上するか、1,000円以下か
流通は、高級百貨店か、スーパーか
プロモーション方法は、富裕層メディアか、マス媒体か
など、望ましいマーケティング活動はまったく異なります。

高級なワインを、高い価格のままディスカウントストアで販売しても、狙った顧客層に届けにくいように、4Pは一貫性やバランスがとれていなければ成功する可能性は低くなってしまいます。
 
自社の製品・サービスは、4Pのどこが強みで、どこに課題があるのかを分析して戦略を整えていくことが重要です。

関連用語

マーケティングフレームワーク

関連記事

「4P(マーケティングミックス)」と関わりの深い「仮説構築力」について解説している記事も、合わせてご覧ください。
『仮説の立て方|事例から学ぶ「仮説構築力」の身に付け方!』はこちら

もっと簡単で、もっと自由なアンケートを作ろう

「500円」から始められる

セルフ型アンケートツール「Freeasy」

初心者の方には、分かりやすく! 
経験者の方には、高機能でもっと低コスト且つスピーディーに!
500円から始められる自由で簡単なセルフ型アンケートツール「Freeasy」を
さっそく始めてみませんか?

ページトップへ