catch-img

ウエイトバック集計のやり方、活用法を分かりやすく解説!

目次[非表示]

  1. はじめに
  2. ウエイトバック集計とは
  3. ウエイトバック集計(基礎編)
  4. ウエイトバック集計(応用編)
  5. 「ウエイトバック集計」にまつわる、よくある質問
  6. 無料ダウンロード『ウエイトバック集計マニュアル』
  7. おわりに

はじめに

アンケート調査の集計作業で使われる「ウエイトバック集計」。ウエイトは英語の「weight」=「重さ」を由来としています。

ここでは、基礎編と応用編に分けて、具体例を挙げながら、誰もがすぐにアンケート調査結果に反映させることができるようなウエイトバック集計のやり方を、分かりやすく解説していきます。

この記事で分かること・できること

●ウエイトバック集計の意味を理解し、アンケート調査結果に反映できるようになる。
●ウエイトバックをかけるべきか否かの判断ができるようになる。
●ウエイトバック集計における「よくある質問」が確認できる。
●ウエイトバック集計に関する、より詳しい説明や図解が掲載された資料が、無料でダウンロードできる。

この記事はこんな方におすすめ

●ウエイトバック集計を使いこなせるようになりたい方。
●集計を専門に行う職種ではないが、ネットリサーチやアンケート集計をする必要性がある方。

\今すぐ資料を見たい/

ウエイトバック集計とは、アンケート調査の回収データを、母集団の構成の通りに集計することです。ウエイト(weight)は「重さ」という意味で、ウエイトバック集計は「重みづけ」とも呼ばれています。

ウエイトバック集計によって、アンケート回収データは母集団と同じ男女比で集計されます。
集計の手順は、次項の「ウエイトバック集計(基礎編)」で解説しますが、男性と女性各々の集計結果は変わらないまま、全体(男女計)の数字が変わることになります。

ウエイトバック集計(基礎編)

ここでは「基礎編」として、最もシンプルなアンケートデータ男女比のウエイトバック集計についてみていきましょう。

ウエイト値の求め方

前述の「ウエイトバック集計のイメージ」をもう一度ご覧ください。

A大学B学部の学生数(母集団)は1,000人で、男性500人、女性500人です。

1,000人の学生にアンケート調査を依頼したところ、全体の回収率は80%で800人。うち男性370人、女性430人。
母集団の男女比は『50%:50%』ですが、回収データでは『46%:54%』です

そこで母集団の男女比としての結果を算出する、つまり、男性は370人が400人の場合、女性は430人が400人の場合のデータを集計します。具体的には、男女各々のデータにウエイトを掛けます

ウエイト値=母集団と同じ構成比の人数÷回収データの人数


ウエイト値の求め方(計算方法)は、「ウエイト値=母集団と同じ構成比の人数÷回収データの人数なので、この場合、男性の場合は『400÷370=1.081』、女性の場合は『400÷430=0.930』になります。

クロス集計表(実数)での集計方法

「回収データ」の男女の値に、ウエイト値を掛けた結果が、「ウエイトバック集計データ」です。
先ほどと同じアンケートを、クロス集計表にすると、次のような表となります。

回収データのイメージ

男性 370人、女性430人の回収データを、母集団と同じく、男性 400人、女性400人とした場合のデータになるよう集計します。

ウエイトバック集計データのイメージ

具体的には、回収データの赤線内の男性と女性のデータにウエイト値を掛けます
ウエイト値=母集団と同じ構成比の人数÷回収データの人数なので、先述と同じで、男性の場合は『400÷370=1.081』、女性の場合は『400÷430=0.930』になります。

ウエイト値(男性)
1.081
ウエイト値(女性)
0.930


ウエイト値を各セルごとに計算すると、ウエイトバック集計データが完成します。

男女の人数を足し合わせると、「満足している」は612人で、回収データと変わりませんが、「どちらともいえない」は109人から111人に増し、「満足していない」は79人から77人に減りました。

クロス集計表(構成比)での確認

回収データとウエイトバック集計データを、クロス集計表の「構成比」で見てみましょう。

回収データは次の通りです。

ウエイトバック集計データは次の通りです。

2つのデータを見比べると、ウエイト値を掛けることで「どちらともいえない」は13.6%から13.9%と0.3ポイント増、「満足していない」は9.9%から9.7%と0.2ポイント減となりました。

実務上、どの程度の差までが重視されるのかは、ケースバイケースです。

ウエイトバック集計前後の比較

最後に、ウエイトバック“あり”と“なし”のデータを比較してみましょう。
「満足している」(76.5%)は同ポイントですが、「どちらともいえない」は、ウエイトバック“あり”のほうが0.3ポイント増、「満足していない」は0.2ポイント減となりました。

>>すぐに役立つ!ウエイトバック集計マニュアル【無料ダウンロードはこちらから】

ウエイトバック集計(応用編)

次に「応用編」として、一般的に行われている人口動態に合わせたウエイトバック集計についてみていきましょう。

人口動態データの活用

「基礎編」と同様、満足度調査を例に挙げます。調査対象エリアは1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)、調査対象者は20代以上です。

手順を簡単に説明すると、各年代の人口データは、国勢調査などの政府統計から1都3県合計数を取得→ウエイト値を算出→アンケートの回収データにウエイト値を掛け合わせる(ウエイトバック集計)、という流れになります。

人口動態データを活用したウエイト値の求め方

「1都3県 年代別人口データ」と「アンケート回収データ」の、それぞれの構成比を算出します。
「1都3県 年代別人口データ」の構成比を、「アンケート回収データ構成比」で割った数字が、年代別ウエイト値となります。

クロス集計表(実数)での集計方法

続いて「各年代別の回収データ」にウエイト値を掛けて、ウエイトバック集計をやってみましょう。

回収データのイメージ

ウエイトバック集計データのイメージ

具体的には、「回収データ」の赤線内の年代別データにウエイト値を掛けます

20代のウエイト値
0.9887
30代のウエイト値
1.0167
40代のウエイト値
0.9857
50代のウエイト値
0.8957
60代のウエイト値
0.6089
70代以上のウエイト値
1.7787

集計した結果、「各年代別の回収データ」と「ウエイトバック集計データ」の回答者数の合計2,929人はそのまま変わりませんが、各年代の人数が変わります。これが人口構成比を反映した人数となります。そして、各年代を足した全体の人数も変わります。

なお、基礎編と同じく、クロス集計表の『構成比』で「回収データ」と「ウエイトバック集計データ」を確認した結果(クロス集計表)も用意しておりますので、下記より資料をダウンロードしてご確認ください。
>> ウエイトバック集計(応用編)「構成比のクロス集計表」はこちらから【資料を無料ダウンロード】

ウエイトバック集計前後の比較

基礎編と同様、ウエイトバック“あり”と“なし”のデータを最後に比較してみると、ウエイトバック“あり”のほうが「満足している」は2.0ポイント増、「どちらともいえない」は3.6ポイント減、「満足していない」は1.7ポイント増となりました。

「ウエイトバック集計」にまつわる、よくある質問

Q:ウエイトバック集計のメリットは何ですか?

ウエイトバック集計を行うことで、アンケート回収データが、調査対象の母集団(全体)の構成を反映したデータになることが、メリットです。

基礎編の例のように、男女が同数なのに、女性からの回答のほうが多い場合、女性の意見が強くなるのではないか? という疑問の声が出ることが少なくありません。ウエイトバック集計を行えば、実際の男女構成を反映したデータとなります。

Q:ウエイトバック集計が最もよく行われるケースは何ですか?

応用編では1都3県を対象地域とした調査例を取り上げましたが、全国47都道府県を対象地域とした場合、最もウエイトバック集計が活用されます

人口の多い大都市と少ない地方都市が広く分布している中、人口分布そのままの構成でデータが回収されることはまずありません

なお、ウエイト値の算出のために最もよく利用されているのが、応用編で取り上げた「国勢調査」をはじめとした「政府の統計データ」です。無料で利用することができますので、活用しましょう。(https://www.e-stat.go.jp/)。

>> Q&Aをもっと見たい方はこちらから「ウエイトバック集計にまつわる、よくある質問」【資料を無料ダウンロード】

無料ダウンロード『ウエイトバック集計マニュアル』

本記事で解説した『ウエイトバック集計』についてまとめた資料は、下記よりダウンロードすることができます(無料)。

こちらの資料では、記事には掲載されていない、
●人口動態に合わせたウエイトバック集計データ(構成比のクロス集計表)
●ウエイトバック集計のデメリット(よくある質問)

●ウエイトバック集計は必ずおこなうべきか?(よくある質問)
についても掲載しています。下記よりダウンロードして、ご活用ください(無料)。

おわりに

ここまでウエイトバック集計について詳しく解説してきました。この記事により、アンケート調査の回収データの特性を理解し、正しい重みづけ=ウエイトを掛けた集計方法を理解して、実践に活かしていただけたら幸いです。

もっと簡単で、
もっと自由なアンケートを作ろう

「500円」から始められる

セルフ型アンケートツール「Freeasy」

初心者の方には、分かりやすく! 
経験者の方には、高機能でもっと低コスト且つスピーディーに!
500円から始められる自由で簡単なセルフ型アンケートツール「Freeasy」を
さっそく始めてみませんか?

カテゴリ一覧

人気記事ランキング

タグ一覧

ページトップへ