ウェイトバック集計

ウェイトバック集計

ウェイトバック集計​​​​​​​とは、回収されたサンプル(標本)を、母集団の構成にあわせて集計する方法のことです。母集団と回収サンプルの構成比が異なる場合に、属性の抽出率や回収率の違いを補正し、母集団構成比を復元する場合などに使用します。
国勢調査など、既知の正確なデータに、集計値をウエイトバックすることが多いです。

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせはお気軽に!
ページトップへ