catch-img

【VRに関する調査】約9割が継続利用意向!普及拡大のトリガーは“ビジネス用途”の革新的機器か?!

アイブリッジ株式会社が展開するセルフ型アンケートツール“Freeasy(フリージー)”では、約1,300万人のモニター会員を活用し、「VRに関する調査-最新機器とサービス全般への興味・関心-」を実施いたしました。

調査対象:15歳以上の男女(性年代別の各セル均等)、合計1,000名
調査期間:2023年12月14日(木)

はじめに

アイブリッジ株式会社は、15歳以上の男女を対象に、「VRに関する調査-最新機器とサービス全般への興味・関心-」を実施いたしました。回収期間は2023年12月14日(木)、回答数は1,000サンプルです。

2023年のXR(VR/AR/MR)対応HMD(ヘッドマウントディスプレイ)とスマートグラスの国内出荷台数は、合計で49万6,000台の見込み(矢野経済研究所調査より)となり、国内外を問わず、XR(VR/AR/MR)市場の伸長が予測されている中、〝VR元年〟(2016年)から8年目を迎えたVRの現状を把握するために調査をおこないました。

\今すぐ調査レポートを見る/

VR認知率6割・認知者の利用率2割と、共に低い結果に

VRのことを知っているか聞いたところ、VRの認知率は6割超(63.32%)でした 。

また、VRを利用したことがあるか聞いたところ、VR認知者のうち、現在利用者(9.78%)と過去利用者(7.44%)を合算した利用経験者は2割弱(17.22%)でした。「使ったことはない」が82.78%と圧倒的に高い結果となりました。

圧倒的な継続利用意向の高さ!約9割が「これからも使っていく」

VRを現在利用している人に、これからもVRを使用していくか聞いたところ、「これからも使っていく」は約9割(88.00%)で圧倒的に高く、現在の利用者は50名と少ないものの、継続利用意向の高さが際立つ結果でした。
この結果から、利用者の満足度が高いことが推測できます。

VR普及拡大のトリガーになるか?購入意向は6割超!

2024年、日本で発売予定のApple初の空間コンピューターである「Apple Vision Pro」を購入したいか聞いたところ、購入意向は65.96%と高い結果でした。「是非購入したい」(30.85%)が「まあ購入したい」(35.11%)と拮抗するほど、購入意向が高い結果であることは、特筆すべき点です。

対照的に、「あまり購入したくない」(6.38%)、「全く購入したくない」(2.13%)を合算した非購入意向は8.51%と著しく低いことが分かりました。

今後の普及に期待する分野「医療」「不動産」「住宅リフォーム」が2割超!

VRを使うことで、より便利になると思う分野を聞いたところ、「ゲーム」「映画」「スポーツ観戦」「ライブ」「旅行・観光」というエンタメ・娯楽分野の項目が、20ポイント台後半から30ポイント超という結果でした。

また、エンタメ・娯楽以外のビジネス分野では、「医療(診断など)」「不動産(内覧など)」「住宅リフォーム」が、20ポイント台前半で続きました。
この結果から、エンタメ・娯楽以外のビジネス分野でも、VRの普及に期待が寄せられていることが分かりました。

まとめ

以上の調査結果より、認知6割及び認知者の利用2割と、世間の認知度は未だ低く、認知していても利用していない人が多いことがわかりました。このことから、認知度向上や利用普及に向けてまだ余地があることが伺えます

一例として、2024年発売予定の新製品「Apple Vision Pro」の購入意向が高いため、過去のスマートフォンやタブレットの普及例のように、イノベーティブな機器の発売が普及拡大のトリガー(契機)となることに期待します。

また、ゲームを主体とした現状の利用分野に留まると市場規模の伸びは厳しいですが、医療・不動産・住宅など、ゲーム以外のビジネス分野での普及の期待値が高いため、今後どのような企業が足掛かりとなる新サービスを開発できるのか、VRの普及促進に向けた動向に注目です。   

>> さらに詳しい調査結果を資料で確認!【調査レポートを無料ダウンロード】

全設問項目

あなたはVRのことを知っていましたか。(SA)

あなたはVRを利用していますか。(SA)

あなたが現在お使いのVR機器のタイプを教えてください。(MA)

あなたが感じるVRのメリットを教えてください。(MA)

あなたはこれからもVRを使っていきますか。(SA)

あなたはこれからVRを使いますか。(SA)

あなたが家庭向けのVR機器の購入に使ってもいいと思う金額を教えてください。(SA)

あなたは2024年、日本で発売予定のアップル空間コンピューター「Apple Vision Pro」を購入したいですか。(SA)

VRを使うことで、より便利になるとあなたが思う分野を教えてください。(MA)

VR空間の3Dストアで、実店舗にいるのような買い物体験が可能となる「VRコマース」(ゴーグル不要)をご存知でしたか。また興味がありますか。(SA)

家庭向けVR機器の許容金額」や「VRコマースの認知・興味」等も載っているレポートのダウンロードがおすすめ!

本記事でご紹介したアンケートをまとめた資料は、下記よりダウンロードすることができます(無料)。
こちらの資料では、サイトには載っていない、「家庭向けVR機器の許容金額」や、「VRコマースの認知・興味」などの、今すぐ知りたくなる調査データも掲載しています。
無料ですので、下記よりダウンロードし、活用していただければ幸いです。

調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合、弊社サービスのクレジット
「Freeasy(フリージー)調べ:https://freeasy24.research-plus.net/」の表記をお願いいたします。

\『VRに関する調査レポ―ト』がもらえる/
過去の調査レポートに興味のある方は、2022年2021年2020年のレポートも合わせてご覧ください。

もっと簡単で、もっと自由なアンケートを作ろう

「500円」から始められる

セルフ型アンケートツール「Freeasy」

初心者の方には、分かりやすく! 
経験者の方には、高機能でもっと低コスト且つスピーディーに!
500円から始められる自由で簡単なセルフ型アンケートツール「Freeasy」を
さっそく始めてみませんか?

ページトップへ