catch-img

【冷凍食品についての調査】1年間で利用が増えたのは2割!

アイブリッジ株式会社が展開するセルフ型アンケートツール“Freeasy(フリージー)”では、約450万人のモニター会員を活用し、20~60代の男女を対象に、「冷凍食品についての調査」を実施いたしました。

調査対象:20~60代男女、合計1,000名
調査期間:2022年2月17日(木)

はじめに

アイブリッジ株式会社は、20~60代の男女を対象に、「冷凍食品についての調査」を実施いたしました。回収期間は2022年2月17日、回答数は1,000サンプルとなります。

冷凍調理食品の1世帯当たり年間支出金額(2人以上世帯)はここ数年増加傾向で、2020年は8,787円(対前年比112%)と9,000円台目前です。
スーパーやコンビニでの冷凍食品強化の動きも注目されており、消費者の冷凍食品の利用頻度、品目と用途、購入チャネルと重視点、感じている魅力と期待すること、冷凍食品の利用増加による生活変化について調査をいたしました。

この1年間で利用が増えたのは23%(4~5人に1人)

冷凍食品の利用者(全調査対象者の8割にあたる798名)のうち、この1年間で利用が増えたのは22.9%という結果となりました。4~5人に1人の割合です。
多数派は「変わらない」で7割(66.9%)を占めていますが、「減った」は6.1%にすぎません。

よく利用されている〝王道〟品目は「ギョウザ」「炒飯・ピラフ」

普段よく利用している冷凍食品で最も多いのは「ギョウザ」(46.6%)で、「炒飯・ピラフ」(43.7%)が僅差で続きます。3位以下は「うどん・そば・ラーメン」(34.7%)、「から揚げ」(31.6%)、「パスタ」(30.2%)で、上位5品目までが30%を超えています。

〝求められる冷食像〟は、面倒なメニューの冷食化と栄養バランス

〝求められる冷凍食品像〟を明確にするため「冷凍食品に期待すること」を聞いたところ、「料理すると面倒なメニューの商品」と「バランスのとれた栄養」が34%で並びました。

「バランスのとれた栄養」(34.3%)と「高い栄養」(14.0%)を比べると、栄養面では栄養価の高さよりバランスが重視されていることがわかります。

「容器の廃棄でゴミが少ない」というSDGsに関係した項目も25.1%と低くはありません。

冷食利用増による生活変化 買い物行動と食卓メニューの変化以外に、冷蔵庫買い替えと買い増しも・・・

冷凍食品の利用により生活スタイルはどう変わったのでしょうか? この1年間で冷凍食品の利用が「増えた」183名に生活スタイルで変わったところを聞きました。

最も高かったのは「保存がきく冷凍食品を購入することで買い物の回数が減った」(35.0%)で、「外食で食べるメニューが食卓で食べられるようになった」(30.1%)が続きます。購買行動と喫食行動の変化ですね。

また、ポイントは10%前後と低いものの、「冷凍食品を保存しやすい冷蔵庫に買い替えた」(12.0%)、「冷凍食品を保存するためセカンド冷凍庫を買った」(9.8%)と家電製品需要にまで影響が及んでいることは注目に値します。

一方、行動に対し意識の面では、冷凍食品を利用することの手抜き感が「増えた」(24.6%)が「減った」(14.2%)を10ポイント上回る結果となりました。まだ〝後ろめたさ感〟のほうが強いということでしょうか。

全設問項目

あなたは冷凍食品を、どれくらいの頻度で利用していますか。(SA)

あなたはこの1年間で、冷凍食品を利用する頻度が変わりましたか。(SA)

あなたが普段よく利用している冷凍食品を教えてください。(MA)

あなたがこれから利用を増やしたい冷凍食品も教えてください。(MA)

あなたが冷凍食品に感じている魅力を教えてください。(MA)

あなたはご家庭で、どんな用途で冷凍食品を利用していますか。(MA)

あなたは普段、冷凍食品をどこで買っていますか。(MA)

あなたは冷凍食品を買う時、どのようなことを重視しますか。(MA)

あなたが冷凍食品に対して期待することを教えてください。(MA)

冷凍食品の利用が増えたことで、あなたの生活で変わったことはありますか。(MA)

「冷凍食品に感じている魅力」や「どのようなことを重視して選んでいるか」も載っているレポートのダウンロードがおすすめ!

本記事でご紹介したアンケートをまとめた資料は、下記よりダウンロードすることができます(無料)。こちらの資料では、サイトには載っていない「冷凍食品に感じている魅力」「どこで買っているか」「どのようなことを重視して選んでいるか」などの、今すぐ知りたくなる調査データも掲載しています。
無料ですので、下記よりダウンロードして、活用していただければ幸いです。

調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合、弊社サービスのクレジット
「Freeasy(フリージー)調べ:https://freeasy24.research-plus.net/」の表記をお願いいたします。

もっと簡単で、もっと自由なアンケートを作ろう

「500円」から始められる

セルフ型アンケートツール「Freeasy」

初心者の方には、分かりやすく! 
経験者の方には、高機能でもっと低コスト且つスピーディーに!
500円から始められる自由で簡単なセルフ型アンケートツール「Freeasy」を
さっそく始めてみませんか?

ページトップへ