株式会社朝日広告社 関西支社

関西コミュニケーションデザイン部 コミュニケーションプランナー 梅津 様 向井 様
導入前の課題 自主提案の場合は予算の制約があり、精度の高い提案をするために調査を活用したくてもできないケースがあった。
導入の決め手 使い勝手が非常によく、ビジュアルも満足。回収スピードも速く企画書向けの利用に適している。
導入後の効果 企画書作成の質、スピードともに向上し、精度の高い提案を増やすことができた。

現在の業務内容

クライアントが持つ課題にあわせ、調査分析からブランディングやコミュニケーションデザインまで様々な提案を行っています。ほかにもコンテンツ開発やイベントのプロデュースなど、業務は多岐にわたります。クライアント業種も多種多様で、さまざまな企業様の案件をチーム一丸となって取り組んでいます。

導入前に抱えていた課題

プレゼンの規模がある程度大きくなると調査に対する費用もかけられるのですが、自主提案などの場合は予算に制約があり、調査を実施できない場合も多く、オープンデータを集めて推測するなどしていましたが、データ収集に時間がかかるなど、効率が悪かったです。

Freeasyを導入した決め手

いくつかありますが、一番は使い勝手の良さですね。Freeasyはセルフ型アンケートツールなので、自分で画面作成を行う必要がありますが、マニュアルを読み込む必要はなく、ある程度感覚で作成することができます。集計結果画面も綺麗で見やすく、よかったです。

回収スピードも速く、弊社内のニーズとしては、本格的な調査向けというより、「クライアント理解のための調査」や企画書や営業提案資料の「説得材料用として実施する調査」に非常にマッチしています。

導入後の効果や感想

まず、企画書作成のスピードが上がりました。調査中の回答状況をリアルタイムで確認できるので、今までは調査完了後に企画書に取り掛かっていましたが、調査中の段階から企画書作成に着手できるようになりました。

また、企画段階でやっぱり調査必要だよね!となった場合でも大体翌日には結果が出るので、利便性と安心感が非常に増えました。特によかったことは、新規業種クライアントへの提案の際は、ターゲットや認知度を含めたデータがないため調査実施が必須なのですが、自主提案などで予算が限られている場合でも、このコスト感なら気にせず実施できるので、現状に即した提案を増やすことができました。

集計データのグラフデザインが非常に見やすいので、そのまま企画書や報告書に掲載できますね!

Freeasyを勧めたい人

ざっくりですが、調査が好きな人・調査のノウハウを持っている人には是非勧めたいです。クライアントの情報を知るために自分の勉強用としても適していると思います。認知度を聞くなら1、2問で良いですし、何といっても500円から利用できるのでトライ&エラーを繰り返すことも簡単です。

少しの手間とコストをかけるだけで提案の質も変わってくると思います。価値のあるアンケートツールだと感じたので、先日は社内でFreeasyの説明会を行いました。社内のパフォーマンスが上がれば言うことなしですね。

もっと簡単で、もっと自由なアンケートを作ろう

「500円」から始められる

セルフ型アンケートツール「Freeasy」

初心者の方には、分かりやすく! 
経験者の方には、高機能でもっと低コスト且つスピーディーに!
500円から始められる自由で簡単なセルフ型アンケートツール「Freeasy」を
さっそく始めてみませんか?

ページトップへ